FC2ブログ
お祝いランキング
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

カテゴリ:小説:処女強奪 の記事リスト(エントリー順)

【深窓の令嬢を辱め】【お嬢様処女辱め】1:

 【02//2019】



【お嬢様処女辱め】
兄貴の希望が特殊20代から30代のお嬢様。それもうまくすれば処女ですよ処女?
お嬢様処女!!似合いもすないおかっぱ頭の兄貴がひたすら興奮
本ものがいたら俺も見たいやりたい。
神戸の山すそ住宅街を走るようになっった

また兄貴に呼び出された。そこそこのおぼっちゃまである。
誘われて断るわけにもいかない
今回ばかりは地元でネタを仕入れた上にも、確認ずみ。可能性はあり
指定された日曜日の朝兄貴という厄介者のおかっぱオヤジを載せて神戸山中
毎回ご所望は美人ですよ。。30前で美女【お嬢様】
さすにむかったのだ。
0702151.jpg

{ずいぶんな山奥だね~」
{こういう場所なら場所はいくらでもですよ♪}
【いやこんな田意舎にお嬢様はおらんだとうが】兄貴はあきらめ顔でつきあっていた。
ずいぶんと上ってきた
連続するカーブの終わりに現れた。ワンピースドレス。白いヒールのお嬢様だ
難って偶然、これには俺も驚いたが
兄貴の慶び方だ半端ななっかた
{ぁ、兄貴・・・ないすタイミングです}降りますよ!
「あ。。う。。うんうん!!」
二人で
車をおりると。一気にお嬢様を連れ込んだ」
車をろめる所も予定通り。オレは兄貴とお嬢様を格好の場所に連れこんだ。
山の中である。事前の調べておいたオレ様にぬかりまなかっった・
0702152.jpg

「いやっつたああ~!はなしてええ!!}両手両足を婦樽係で付かん舐らぬらと揺らして、お嬢様の抵抗を模擬より、あっさりと・・込まそうと考えていたのだ
前後にゆらすうちに、お嬢様の声はかすれてゆく。スカートはめくれパンストに覗く豪華な下着が丸見えなる。
兄貴も我慢が出来なくなったようだ枯れ草の上におろしてドレスを脱がし始めた。
{い、いたあああ===うあめてえ・・・」
びりびりびり!兄貴の動きが止まるはずもない
0702153.jpg
スポンサーサイト
[PR]

Category: 小説:処女強奪

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

暴行小説湖畔の美少女を暴行2

 【11//2018】

だがこっちがすでに限界
ズボンを下ろすと
カチカチになったちんぽをいきなりいきなり押し付ける
「くああひうやああーーー」
まさに断末魔だ
12.png
勢いで無理やりい押し込むと
仲でぴスチン
きついマンコだ・・間違いなく処女
抵抗した理由もわかっら
だがこっちもすでに限界
[付いてるぜやっぱり処女女だったんだな]
「きつきつおまんこ最高だぜ」
53.png

快感に腰が止まらない、狭くてきつい処女穴のを思うゾン本つきまわり、こずきまわす。
そのたびに悲鳴があが
めちゃくちゃきもちいい!
「お!お!いいぞ「でちまうたっぷり中だししてやる」
まもなく女の仲ではじけてそのまま中だし

「いやだーーやだあーー」
この小説は、日活映画暴行!のシーンをイメージで書かせていただきました
本編はには叶いません
興味のある方はこちらから
暴行!

Category: 小説:処女強奪

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

暴行めぐみお嬢様処女強奪(1)

 【24//2017】

日活ロマンポルノ暴行のセカンドヒロインめぐみ(宮井えりな・新人の頃)
犯人の下っ端に処女レ○プされるシーンをイメージして
暴行めぐみお嬢様処女強奪(1)


俺はもてないDQNいきつくところはやばい組織の下っ端
もてるどころかパシリくそったれ
兄貴二人がもめごと起こして逃亡。別荘地に逃げ込んだ。
兄貴のダチの家らしい
女も連れ込んで少しはいい思いができるかと思ったが
俺の女も兄貴に取られた 。
憂さを晴らすどころかどこにも出れずに溜まるばかりだ
兄貴のダチの知り合いの若い女が尋ねてきた。
兄貴は居留守を使ったが、女は疑って家の周りを探している

最初はガキかと思った、白のブラウス、紺のロングスカート、ツインテール
の髪。だが、ブラウスからすける白のブラはふくらみを持ってしかもけっこう美人
窓から覗いてるとたまらなくなってきた。
偶然女が兄貴が逃亡に使った自転車を発見。気付かれたようだ
俺は兄貴に気付かれたまずいといって女を攫った
「きゃあーーー!」
俺は女を羽交い絞めにしてナイフで脅してつれこんだ
俺が思ったとおり別荘のお嬢さんのようだ
「たすけて~」
騒いで手がつけられない女を寝取られたスケに任せて兄貴の世話を焼かされる
くそ~寝取られスケと目が合う。完全に俺を見下して鼻で笑った
俺は視線をそらすとさっきの女が部屋の端に座らされていた。
恐怖に激しく胸を揺らし、股間は開き、白い下着とふとももが覗いていた
清楚なイメージのお嬢さんが前開きのスリットスカートしかも丸見え
俺はぶちきれた
「いわああ・・ああ!」
小兄貴をこかすと、若い女に飛びかかった
「きゃあ~やだ!」
抱き上げて階段を上ろうとすると
兄貴が邪魔にはいった
[この女は俺の女だ!あにきにはじゃまさせねえ!]
ナイフで兄貴をけん制しておいて女を抱えあげ寝室への階段をかけあがる
「おじさんたすけて!おじさん~ん」
女の叫びは俺の興奮をたかめるだけだ

Category: 小説:処女強奪

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

音大生 レイプの旋律 根尾あかり

根尾あかり

2,480円~