FC2ブログ
お祝いランキング
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

暴行小説湖畔の美少女を暴行1

 【30//2018】

都会に末mなくなった俺は行楽シーズンの終わりに
湖のある観光地に逃げ込んだ 。
シーズンはずれならいくらでも隠れる場所はありだろうと
同行してくれた兄貴分が俺を運転手代わりに連れてきてくれたのだ
ところが田舎でどこに行くのにも車がいる
俺は兄貴分の手下として雑用係をたらされたのだ
一緒に連れてきた女はいつのまにか兄貴分に寝取られちまった
何もないいなかで印奈々氏の生活が一週間も続いた
毎晩が地獄のようだった
そんなある日、もう帰ったはずの別荘から若い女が出入りしているのをみつけら
両親は仕事で都会にもどってて、娘だけここにのこったようだ
お金持ちのお嬢様の巣奇矯な道楽だろう
女に飢えていた俺はにはたまらない獲物だった
18か19だろう
ツインテールの髪はこどもっぽいが、ショーパンから覗く太ももはそそった
取り合えず兄貴には見つからないようにいい方法がないか考えた

だが、チャンスは向こうから巡ってきた
留守のはずの別荘に俺が出入りしてるのを見つけて
あさっぱらから
玄関のチャイムを鳴らしてきた。
「○○さーんいるんでしょう?いますか?」
ドアをどんどん叩く
兄貴もびっくりした、なにせかってに住み込んでいるんだばれたらヤバイ
一切返事をしなかった
いなくなるだろうと無視を決め込んだ
だが女はあきらめずに家の様子を探り出した
俺は兄貴に言われて窓から様子を伺った
昨日と違い白いブラウスと濃紺のミデイスカート
ブラウスからは純白のブラジャーが覗いていた
どきっとした
裏に隠してぁ会った車が見つかったのだ
「兄貴女のやつ気付いたようですぜ」
「やばいな、、捕まえろ」
俺はナイフをもって飛び出した。
逃げようとした女を羽交い絞めにしてないfyで脅す
力ずくで家の中に連れ込んだ。
原研に似ずにぎゃ^ぎゃー叫んで暴れたため
壁に側無理やる押し倒したらどこかを打ったのかおとなしくなった
「が気じゃないか・・どうすつんだ世いったい」
兄貴ががんがん文句を言う
だが俺は興奮していた
羽交い絞めにしたとき、握った乳房は硬かったがしっぱともリ上がっていたし
ちゃんと大人の女だと
よく見れば、脳震盪起こしたのか
ぐったりとして、ミデイスカートの前がはだけている
どうやら巻きスカートのようだ 清楚な濃紺のスカートが開いて
太ももも純白のパンテイすら覗いている
兄貴は気付いてないようだ
俺は切れた

兄貴を無視して俺はおそうかかって抱き上げた
「いやっつきゃ==っつ!」
「やめろよ!相手はがきだぜ」
兄貴が立ちはだかる
俺は兄貴にナイフで脅して
「これは俺の女だ兄貴には綿さねえ」
兄貴が引いた鋤に女を肩にかついで2回の寝室へと駆け上がった
「たすけてー」!
S0.png

部屋に入るとドアをロックしてバッドに投げ出した
激しく暴れる、ベッドから転げて逃げ出そうとする
ここまで必死な女は初めてだ
ブラウスを引き裂いて、首から抜いてしまう
ブラジャーも引き裂いてしまう
きゃーきゃーなきながら激しく抵抗する。
おっぱいも純白パンテイもむき出しなのに
抗う女!
足をばたつかせ、暴れるのを押さえつけ、逃げるのを捕まえる
やっろの重いでスカートまで脱がすが
すり抜けてドアを開けようとする
「しめた」
逃げるのに必死になって無防備なお尻からパンテイを引きおろした
「きゃああ===たすけてーー」
おおきな悲鳴あげるものの、さすがに全裸となって動きは止まった
抱きついて ベッドに押し倒す
「やめてーたすけて^」
まだあばれて騒ぎのを平手をくわせ」た
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Category: JKレイプ処女

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


田舎のヘルメット
○○生に中出し 4